沖縄潮干狩りで思いっきり楽しもう!

潮干

沖縄で海に入るのもいいですが、海の遊び方にはたくさんの種類があります。たとえば潮干狩りもその一つです。沖縄というとそのイメージがないかもしれませんが、潮干狩りができる楽しめるスポットがたくさんあります。

あなたは潮干狩りをやったことがありますか?遠浅の海岸で砂の中に生息している貝を回収することをいいます。スコップやバケツを持って親子で潮干狩りを楽しんでいる光景も目にしたことがあるでしょう。

潮干狩りは季節的には春におこなうことが多いのですが、一年を通して遊べるアクティビティの一つでもあります。貝以外にも遠浅だからこそ、カニややどかりをはじめ魚との遭遇もあり潮干狩りをした時の足の泥加減なども含めとても楽しいものですよね。

潮干狩りにはポイントもあり、水管を外に向けて出している貝を探し出し保管します。なかにはマテガイなど独特の手法でないとできないものもあり、塩をかけて採取します。潮干狩りにはこういった工夫などもあり、楽しみ方がたくさんあるのも嬉しいですね。

沖縄にも潮干狩りを楽しめるスポットはたくさんあります。海に入らずに沖縄の自然を満喫したい方、子供と一緒に潮干狩りを楽しみたい方にもおすすめします。

また、沖縄では浜下りという独自の行事があり旧暦の3月3日におこなわれています。女性の身を清める意味をもちご馳走を持ちより潮干狩りを楽しみます。

潮干

沖縄には潮干狩りを楽しめるスポットがたくさんあります。え!?ここも潮干狩りができるの!?と驚くようなスポットもあるかもしれません。潮干狩りに使う道具などはショッピングセンターなどで安く購入できますので、安心してくださいね。

海中道路

沖縄本島のなかでも最大の潮干狩りポイントです。うるま市にあり勝連半島と本島を結ぶ橋のたもとで潮干狩りを体験することができます。3月から4月がピークになり地元の人もたくさん訪れる潮干狩りです。無料駐車場あり、更衣室やトイレ、シャワーなどもあるので観光の途中でも楽しめます。

屋我地海岸

沖縄本島の名護市にあり、通年潮干狩りが楽しめるポイントの一つです。二枚貝の種類が多いこと、干潮時のみにあらわれる縁結びの道などもあり楽しみ方の種類が多いのも嬉しいですね。

駐車場有料でトイレぐらいしか施設はありませんが、のんびりと潮干狩りを楽しみたい人にはとてもおすすめするスポットです。意外と知らない人も多い場所です。

瀬長島

沖縄本島からすぐの離島になりますが通年潮干狩りを満喫できる場所です。海も美しくプライベート感もあり、大人の人にもおすすめです。小さな島ですが、潮干狩りを楽しむにはもってこいです。

泡瀬干潟は沖縄では有名な潮干狩りスポットで、潮干狩りを楽しんでいる方をよく見かけます。潮干狩りだけでなくアーサやモズクなども取れるのでオススメのスポットです。

沖縄で潮干狩りの注意点とは

満潮と干潮の時間を把握しておかないとあっという間に潮が満ちてしまい、事故の原因になります。まわりに人がたくさんいる場所なら、人も減ってくるので引き際がわかるかもしれませんが、人の少ない場所で潮干狩りをする時は注意してくださいね。地元の人や、宿泊先のホテルなどに聞くと満潮と干潮の時間など教えてくれます。

また、場所によってはガラスなどが落ちていることもあり素足で歩くととても危険です。だからといってビーチサンダルだと重みで脱げてしまうこともあるので、できるだけ固定できるサンダルを履いて潮干狩りを楽しむようにしてくださいね。

沖縄では潮干狩りは昔からおこなわれている伝統的な行事の一つです。子供だけの遊びだと思いきや、大人も意外もはまってしまうそんなアクティビティでもあるのです。潮干狩りの干潮の時は日差しも強く照り返しもあるので水分補給や日焼け対策をしっかりとおこない遊べるようにしてくださいね。